和大演劇部ブログ
和歌山大学演劇部メンバーによるブログ。
公演の最新情報や、部員の日常など。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
作業は後回しにするタイプです 01:06

 

お疲れ様です。

3回生の岡田です。

 

最近、部員たちに本番前の焦り(?)が感じられます

本番まであと3日。え?3日?

やっばぁ。いいものを見ていただけるように頑張ります。

 

活動報告

役者練習では、通し稽古をたくさんやっています。本番前のつめというやつです。

役者さんも自分の動きの制限の中で、いかに動くかを考えながら練習している様子がわかります。

本番ぎりぎりまで自分を高めてがんばりますよぉ!

 

裏方さんも最後の調節に取り掛かっています。足りないものや、使うものの微調整、音響照明の確認、パンフ作成。

本番前という感じがします(薄い)

舞監の私は、プランの資料をまとめたりしているのですが、やっぱり後半のタスクが!!

とはいっても、山場は仕込みと本番なので、いまは蓄えておくことにします。(何を)

 

楽しんだもの勝ちなので、みんなたのしんでやろうね。

あとちょっと!全力で乗り切ろう〜!

 

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
靴噛む子猫ムカつく 20:32

 

藤井聡太君って知ってますか?

 

「君」なんて言うのもおこがましいですが、将棋の名人です

 

中学三年生で史上最年少でプロ入りすると、破竹の勢いで25連勝しているすごい人です

 

何がすごいってね、13歳なわけですよ

 

13歳なのに藤井君は将棋のプロとして勝ちに勝ってるわけです

 

 

かたや向井君

 

今年で22歳にもなろうと言うのに、今だにくら寿司では「びっくらぽん」に当たると本気で喜んでいます

 

だいたい13歳のときなんて、トッポを炎天下においてチョコを溶かして吸って食べたりとかしてましたからね

 

こういうのを見ると「才能」ってあるんだなと思います

 

僕も小さな頃に将棋に出会っていれば今頃25連勝していたかもしれない

 

いつか僕も今までやったことのなかった才能が突然発掘されて25連勝してみたいものです

 

あ〜〜、25連勝してえ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

どうも昔友達に「裸眼で見たらイケメン」と言われた向井です

 

友達よ、それは見えてないだけだ

 

 

 

さてさて小学校公演が近付いております!

 

向井のブログは長いゆえに、途中で飽きられると困るので先に宣伝しておきます

 

 

「ワレワレハウチュウジンダ!」

 

脚本・演出 向井優也

 

開場 10:00

開演 10:30

 

場所 松江小学校

 

あらすじ

お父さん、お母さん、一人娘のラムちゃんの三人は仲良し家族

ある日、ラムちゃんが宇宙人を家に連れて帰ってきます

「ティリンパ!ズリラ!」

不思議な言葉を話す宇宙人に家族は大パニック!!

そこに宇宙人を連れ去ろうとする怪しい男もやってきて…

 

 

 

 

こんな感じです

 

そうなんです!ついに脚本&演出をやることになりました

 

役者5人を従えるような演出は初めてです

 

なので、悪戦苦闘しております

 

「ああ、演出って難しいんだ」と感じる毎日

 

たぶん演出に正解ってないと思うんですけど、それでも向井らしさを追求して奮闘しています

 

自分でも感じてますが、一つひとつのテンポを重要視してしまいますね

 

「このタイミングでこのセリフを言えば面白い!」っていうお客さんが見ていて心地のいいテンポっていうのがあるような気がして

 

それをなんとか役者に伝えようとしています

 

 

 

 

 

小学校公演はここ何年かは、ある一つの役目があります

 

それは新入生のお披露目の舞台であることです

 

かくいう僕も、一回生のときに初めて舞台に立ったのが小学校公演でした

 

このときは自分がまさかこんなに役者として舞台に立つとは思いませんでしたね

 

今や客演として他の劇団の舞台に立つ河内コモンビートしのさんや和泉やよい軒あやとさんも

 

最初に舞台に立ったのは小学校公演でした(二人が将来有名な女優なったら、「最初は俺の脚本やってんで〜」と一生自慢するんで頑張ってください)

 

 

 

そして今年の舞台も、なんと4人の新入生が舞台に立ちます

 

まあ、入って3か月で体育館に立たせるのってなかなかハードで、けっこう一回生も苦労してると思うんですけど

 

ちゃんと終わった後に「あ、舞台に立ってよかった」って言ってもらえたらなあと、思ったりなんかしたりします

 

すみません、先輩面して

 

いや、でも、舞台が終わったあとのあのなんとも言えない達成感は早く味わって欲しいですね

 

もちろん、役者だけでなく全員

 

結局、お客様の笑顔を見れば嬉しくなるはず

 

第一希望じゃない役職の人もいるかもしれないけど、僕はお客様も役者も裏方も笑顔にするのが目標です

 

だからもっと頑張ります

 

なので、みんなもあとちょっと頑張ってください

 

 

 

 

 

演出は本当に難しいですが、やっていて思うのが「自分の脚本の演出で良かったなあ〜」と思います

 

いやねえ、これ言うと「また向井」って思われるかもだけど

 

今回の脚本、本当に面白いと思います(笑)

 

自分で書いた脚本だから、信じられます

 

 

小学校公演の脚本には定評があります

 

二年前「ことばカプセル」

 

友達の出来ない少年のもとに“言葉の妖精”コトバンが現れて、少年を救ってあげるストーリー

 

笑って泣ける、ふんわりいい話でした

 

去年「おかしなはなし」

 

とにかくお菓子にこだわった話

 

段ボールが動き出したシーンで会場が一気に沸いたのを今でも忘れられません

 

 

この二年の過去があるからこそ、たぶん今年もいい感じに受けると思うんです(笑)

 

去年は本当にたくさんお客さんも入って、すごく笑ってもらえたので

 

そういう意味では今年は「去年よりもいいものを」とプレッシャーでしたが

 

いいものが出来ているという手応えもあります

 

 

 

なので!見に来てください!

 

去年は少し中だるみしてしまったので、今年はこれでもか!とギャグをてんこ盛りにしてあります

 

ギャグマシマシ、笑いマシマシです

 

もちろん小学生にはとってもわかりやすく

 

そして、今年はわりと大人受けも考えて作っております

 

大人の人にもしっかりとメッセージを込めました

 

ドッタンバッタン、最後がどうなるか分からない、スピード感のある劇になると思いますので

 

是非ご来場ください!!!!!

 

お待ちしております

 

 

 

では、このへんで

 

 

 

 

 

p.s.タイトルは回文です

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
廃寝忘食 19:58
こんばんは。
小学校公演では大道具・小道具をさせていただくことになりました、いっちーです。

本日の部活でも一人で作業をしていました。
初の役職なので日々手探りな状態ではありますが、「驥は一日にして千里なるも駑馬も十駕すれば之に及ぶ」という言葉にあるように弛まぬ努力で人並みくらいのものを作ることができればと思います。

役者の方々は衣装を着ながら練習していました。
このまま小学校公演に向けて一心不乱に突き進み面目躍如たるものを見せつけていただきたいものです。

以上、本日の活動報告でした。
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
どうも初めまして 00:17

五月ももうすぐ終わるというのに、

五月病にまだかかっているのか、講義中にウトウトすることが多い今日この頃、、、

 

どうも初めまして

16期でシステム工学部一回生の山本 大生といいます。

小学校公演では役者をやらせていただきます。

 

僕は高校の時にも演劇部に入っており、

そこで、演劇って楽しい!

という事を知りました。

公演の最後の拍手を聞くととてもやりがいを感じました。

そして、まだ演劇がやりたい!

ということで、大学でも演劇をすることに決めました。

先輩や同期からいろんなアドバイスをいただいたり、ワークショップをしたりと楽しく過ごしています。

 

さて、活動報告ですが

前回の続きで、半立ち稽古をしました。

動きをつけていくためにも、早く台本を頭に入れられるようにしていきたいです。

体育館ということで声の大きさを大事に頑張っていきます。

 

それでは失礼いたします。

 

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
最近すごくねむいんです。 22:18

こんばんは。

3回生の岡田です。
なんかブログ久しぶりな気がします。

演劇部は新入生が5人もはいったので、練習室に行くと部員がたくさんいて、未だになれません。

「なんか多くない?」

って毎回なります。
うれしいことですね。

今回の公演は新入生のほとんどが役者です。
岡田は演劇部に入って、初めて舞台監督という任務を任されました。

舞台監督って何すればいいんやって感じで手探りで頑張っています。

先輩の力もすこし借りると思いますのでよろしくお願いいたします。←

活動報告です。
先日の水曜日から台本の読み合わせが始まりました。新入生にとっては初舞台なので、読みながら役を掴んでいってもらいたい……
裏方さんたちも仮プランの作成を頑張ってもらっています。なかなかのハードスケジュールなので、無理しすぎないようにですね。見てるよ(ジッ

今回は上回生もやったことない役職を持っている人がいっぱいいるので、頑張っていきましょー。

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
女子コンパでパン粉所持 15:30

 

 

 

演劇部に入ってから、他の大学の演劇部さんの演劇を見せてもらう機会が多くあるんですけど

 

 

 

先日、○西大学さんの公演を見に行かせてもらったら、会場ががっつり「ホール」で驚きました

 

 

 

 

 

大学内にある、なんちゃらホールみたいなところで公演されてたんです

 

 

 

 

 

がっつりと「舞台」があって、「客席」もあって、音響と照明もかなり融通が利いてました

 

 

 

 

 

うらやましい〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

大学内ってことは、費用もいらないはずなんですよ

 

 

 

 

 

あの演劇部は「客席作るぞ!」ってかなづちドンドンなんてしたことないわけですよ

 

 

 

 

 

「このパイプいすは使える、使えない」って客席に使う椅子の選別もしてないわけですよ

 

 

 

 

 

いいなあああああ〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贅沢は言わないので、和歌山大学にも「ホール」作ってください

 

 

 

 

 

「シンボルホール」作ってください

 

 

 

 

 

あんなん見たら、客席作りってなんだよって思っちゃいましたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログさぼりまくってすみません

 

 

 

 

 

演劇部の星野源こと、部長の向井です

 

 

 

 

 

 

 

さて、素敵な新入部員も揃い、演劇部は新たなメンバーで動き始めました

 

 

 

 

 

 

 

念願だった、男の子も入ってくれました、ありがとうございます、ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

もちろん女の子も入ってくれて嬉しいです、ありがとうございます、ありがとうございます

 

 

 

春公演の脚本にせよ、部活をアピール出来る機会では、精一杯自分の出来ること尽くしたので、まあ、なんとか舞台が出来る人数が入って本当に一安心しています

 

 

 

 

 

 

 

向井はもう新歓で出来ることはやり切りました(来年頑張ってね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなメンバーで挑む次の公演が、早くも迫っています

 

 

 

 

 

 

 

そう、小学校公演です

 

 

 

 

先日、外務の広瀬と二人で松江小学校さんのPTAさんと打ち合わせをしてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか、ココスで

 

 

 

で、PTAさんに「今年、期待してるよ」って言われて、勝手にプレッシャー感じてます

 

 

 

 

 

 

去年は懸命な広報活動が実を結んで、百人近くのお客さんを呼ぶことに成功しました

 

 

 

 

 

 

 

劇もたくさん笑ってもらって、PTAさんのハートもグッと掴めたみたいです(やったね)

 

 

 

 

 

それがあっての今年なんで、まあ頑張らないといけません

 

 

 

 

 

 

準備が大変なのは本当に大変なんですけど、でも、終わったあとにすごくいい思い出になるので、新入生にもそうなってくれればいいです

 

 

 

 

 

僕自身も初めて舞台に立ったのが、小学校公演だったので

 

 

 

 

 

まあその演技は思い出したくもないですけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな小学校公演について!!!

 

 

 

 

 

日時 6月24日(土) 10時30分〜

 

 

 

場所 松江小学校 体育館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚本は向井が書いております

 

 

 

小学校公演、3年脚本連続選んでもらいました

 

 

 

 

 

やったね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、小学校公演はスラスラと筆が進むのですが、今年は本当にしんどかった

 

 

 

2、3個、アイデアがあって、ああでもない、こうでもないと、色んなストーリーの進め方を模索しながら書きました

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、子供も大人も楽しめる話になっていると思います

 

 

 

 

 

 

 

これから詳しい情報を発信していくので、楽しみにしていてください

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、決まってないことだらけなので、これから頑張ります

 

 

 

 

 

 

 

それではこのへんで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s. タイトルは回文です

 

 

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
狙いを定めて Swallow dive 13:36

こんにちは、ゆっぴです。

ブログを更新するのが遅くなりましたが…本当に今頃かって感じなんですけども、無事春公演を全うし終えることができました。拍手!

というわけで音響という役職も終えたのですが、タイトルを考えるのが苦t…いえ、違いますよ。一音楽好きとして、例のごとく歌詞の一部をタイトルにしました。この曲が分かる人は演劇部にて僕と握手!

 

…そうです、演劇部にてです。というのも、今私たちは新歓時期なんですね。あ、強引ですか?

前のブログにも書いてある通り、今は春公演を終え新歓として主にワークショップというものを行っています。

経験者の人は勿論、未経験者でも楽しく笑いながら行えます!

事実、私も大学で初めて取り組みましたが楽しくて演劇により興味を持ったクチなので…

というのがもう1年前なのが信じられませんが。年月って怖いね。

ともかく!ワークショップはまさに百聞は一見に如かずです。

やってみなくちゃ楽しさは分からない!いや分かるかもしれないけれど体験には劣る!はず!

というわけでそこの貴方もぜひぜひ、僕と握手!は、楽しみにしなくてもよいので活動を楽しみに来てください。

ではこのあたりで、散文失礼いたしました。

 

 

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
劇部再始動…! 10:06
こんにちは せんです!

ブログかくの遅くなってすみません……

まずはじめに
春公演「ラザニアちゃん」
無事終演を迎えることができました

観劇に来てくださった新入生、在学生、その他学外の方々
本当にありがとうございました!


そして部員の皆さん
お疲れ様でした(`・ω・)
私は今回衣装担当でしたが、当日四日間は照明も担当させていただきました。
なので四日間すべて公演をみることができました。

照明のオペをしながら
ラザニアちゃんもみちるくんも
めちゃくちゃかわいい〜って思ってました

笑いもあり、涙もあり、なこの公演
いつも以上に良い雰囲気で終えることが出来たんじゃないかなーって思いました。

これからもさらに良いものを作り上げることができるよう精進していきます…!


さて話は変わりますが
新入生が部活見学に来てくれました!!
すでに入部を決めている子もいて
とても嬉しいです(´∀`*)

新歓時期、ということもあり
活動は主にワークショップをやっております

昨日は名鬼やウインクキラーをやりました
「なにそれ?!」って興味もってくれた
そこの新入生!!

是非、見学にきてください!
おまちしてます〜
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
心機一転 17:14
新2回生になりました、いっちーです。
4月に入り、新たな出会いの季節になりました。桜も開花し、新入生を祝うにふさわしい様相を呈しています。

本日はwelcome campusで新入生達と親睦を深めました。
welcome campusとは毎年入学式の直前に行われるもので、2回生以上からなるGL(グループリーダー)と、新入生数名を一グループとする集団で大学内を巡りながら交流するという主旨のものです。
私も参加し、新入生に各施設等を紹介したり、大学生活の話をしたりしました。

また、welcome campusが終了した後に少しですが部活を行いました。
春公演が近付き、部活にもあと一月も経たずに新たに仲間が加わると思うと、一年間があっという間であったと感じさせられますね。
そこで心機一転、未だ見ぬ後輩にとって立派な先輩であれるよう振る舞わなければなりません。私達の先輩がそうであったように、後輩に寄り添いつつ温かく指導ができるようになりたいものですね。

以上、いっちーからの報告でした。
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
地味に雨の日が多くてこまる。 00:34

 

 

演出してます岡田です。

なんか最近雨多いですね。

雨が降ると花粉がマシになっている気がするのでいいのですが、じめじめするし、長靴をはかなきゃいけないので、雨はあんまり降ってほしくないです。

 

でも、今日の雨を乗り越えたらしばらく晴れるみたい!うれしー!

なんの話をしているのか。

 

活動報告です。

前回の部活は、役者が一名不在だったので1人でできるシーンの練習をしました。

1人のシーンを、後回しにしてしまいがちな演出…

 

1人でみっちり練習ができたので、細かめに動きを決めてみました。

役者さんはしっかりメモしながら台本覚えに取り掛かってくれています。

 

また裏方さんとの軽い打ち合わせもしました!

大道具を実際に持ち出すと、動きも変わってきそう…

まだまだ細かい調節も必要ですね!

 

裏方さんのプランについての話し合いも役者さんとやらなくちゃ!

やることがいっぱい!がんばろう!

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
| 1/37 | >>