和大演劇部ブログ
和歌山大学演劇部メンバーによるブログ。
公演の最新情報や、部員の日常など。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
鍋の季節も残りわずか? 02:05

ただいま夜の2時です。こんばんは。

新会計になりました、もってぃーです。

 

食堂で今日の昼食を考えるのにも数分の時間がかかる、ましてやケーキ屋にでも入ろうものなら、どれにしようかショーケースの端から端を行ったり来たり...(あの膨大なケーキの中から数個選べというのは酷なことです。でも悩んでるその時間がとても良いんですけどね...)

そんな優柔不断な僕が会計に就任いたしました。

 

食に関しては優柔不断な僕ですが、会計のことに関しては、びしばしと決断していく所存であります。

 

お金をかけるべきところはしっかりかける!節約するべきところは財布のひもを締める!

 

時には心を鬼にして、この1年を務めていきたいと思います。

 

 

 

さて、活動報告に移ります。

 

各役職の活動がスタートしてきました!

 

役者練習も進んでおります。今回はどんな劇になるのやら、楽しみです。

 

 

そういえば、今週日曜日は前期入試日ですね。頑張れ、受験生!

 

それでは、このへんで失礼します。

 

 

 

 

 

 

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
縁の上の力持ち。 19:11
お久しぶりです。

新内務にしてフィギュアスケーター羽生結弦の側室(になりたい)、ここです。

尊いが過ぎる。



旦那の話は置いといて、部活動の話をします。

誕生したNEWここ、肩書きは「内務」。
加えて春公演では何と「〇〇」を務めます。

あっついでにアレの補佐もしてます。


人数の少なさも相まってもう欠けられません。
ここがんばる。


私に限らず、誰1人欠けられない、欠けて欲しくない、かけがえのない演劇部。

縁の下に潜り込む暇なんてありません。

縁の上で、皆の隣で、支えられる人にないたいなと思っています。


井上の抱負はそんな感じでお願いします。



話は変わって活動報告を。

春公演に向け、和大演劇部、遂に本格始動です。


オオ!?少人数が何だ!!!チームワーク見せつけたらァ!!!!ギェェェエエ!!!

てな感じです。

2018年度、幸先のいいスタートを切りたい。いや切ってみせます。



頑張ります。頑張りましょう。





以上、昨日親子丼が食べたくて具を作ってみたらあまりに量が多く、「作りすぎちゃったんで良かったら…////」出来るイケメン隣人もいないので今日も親子丼を食べた、ここでした。

一人暮らしの辛いとこですね。


それではこのへんで。
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
滴水成氷 22:00
こんばんは、幹部交代で部長になったいっちーです。
最近はただでさえ気温が低いのに、それに加えて風が強い日も多いので、寒さが身に沁みますね。
インフルエンザも流行していて、あちこちでインフルエンザにかかったと言う話を聞きます。皆様インフルエンザ対策はしっかりして、家に帰れば手洗いうがいを忘れないようにしてくださいね。体調管理は何においても大切だと思いますので。

さて、本日の活動報告ですが、実は一昨日の部活で和歌山大学演劇部春公演の代本決定が行われておりまして、本日はその役職を決定しました。
やはり全員が第一希望通りの役職に就けるわけもなく、話し合いやオーディションを行って最終決定をしました。
ひとたび役職が決まってしまえば、もう前を向いてその役職と向き合い、真剣に役割を全うするのみだと思います。
そんなわけで、今から春公演に向けて着々と準備を進めて参りますので、続報をお待ち下さい。

以上、本日の活動報告でした。
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
住まいは田舎がいい、森と日溜まりでひと寝入り、飛ぶ鳥、稲と日照り、まだ独りもいいが、家内はいます 10:19

演劇部のブログって、みんなが変わりばんこに書いています

部活の最後に

「じゃあ、ブログは誰が書く?」
「最近書いてないの誰?」
「私かな?」
「じゃあ、○○ちゃんよろしく」

みたいな感じで、いわば部員に任される感じで書きます

正直、他の部活のホームページとかはあんまり見ないんで、他の部活がブログとかをやっているのか?どんな感じで書く人を決めているのか?全く知らないんですが

演劇部は「バトンタッチ制」でやっております




何が言いたいかというと

本日の記事は元部長の3回生の向井が執筆しているのですが

今回、向井は誰にも頼まれていないのにブログを執筆しています!



あ、自己紹介が遅れました、和歌山大学の福士蒼汰こと3回生の向井です

3回生ということで向井はめでたく(?)演劇部を引退しました

いやぁ、長いようで短いような3年間でした

そんなね、引退した向井が今”勝手に”ブログを書いています


だって、引退したので「ブログお願いします」と言われるわけないですもん

それなのに書いてます

そう、これは、自己満足です

そう、ジャックです

バスジャックとかハイジャックならぬ、ブログジャックです



なぜ、わざわざジャックしてまで書いているのか

それはどこかでこの記事を読んでいる人にどうしても伝えたいことがあるからです

特に後輩ですね

後輩たちに最後のメッセージを残したいなと

そして、こんな演劇部のブログを覗きに来てくれる、全ての皆様へ感謝を込めて

最後のブログを綴りたいと思います

この先はどうあがいても、向井がこのブログを書くことは出来ないので

本当に「和歌山大学演劇部ブログ」を書くのはこれが最後です

ので、どうか自己満足にお付き合いください









昔、とある演劇部の先輩Xさんが言いました

「私はもっと良い演劇を作りたいのに……。もっとみんな演劇に熱くなってほしい……。」

僕はそれを一理あるなぁと思いつつ聞いてました


たしかに、僕より上の先輩方の顔を思い浮かべてみると、演劇に熱い人が多いです

劇団を立ち上げた先輩、社会人になっても演劇を続けている先輩

そういう姿を見ると、少し僕なんかは演劇に対する熱量は少なかったかもしれません



でも、それと同時にこんな思いが僕の中にありました

「もっと部活に熱くなって欲しいなぁ……」と



先に言っておきますが、僕は誰かを批判したくてこの記事を書いているわけではありません

でも、最後の記事だから、何を言っても怖くないし、全てをぶっちゃけますが

『「演劇」に熱いわりに、「部活」のことはどうでもいい』みたいな人がぽつぽついたような気がするんですよね



演劇に対する熱い情熱を持っていることは素晴らしいことです

むしろ、演劇部の部員なら持っていてほしい感情ではあります

だけど、僕らは劇団ではないんです、部活なんですよ

どれだけ頑張っても引退するときが来る

後輩に伝えなきゃいけないことがたくさんある

だから、もっと「部活」のことも考えて欲しい

と、3年間何度も何度も思ってました




以前、とある劇団の劇を見させてもらって、その劇自体はとっても面白かったのですが

あとから知ったのが、出演者にはチケットのノルマがあったりとかして、劇団の内部自体はガタガタだった、っていうのを耳に挟んだんです

それを聞いて、なんか一気に劇を見た感動が冷めたんですよね


部活も一緒で、どれだけ良い演劇を作っても、中身の部活がグダグダだったら、それってすごく悲しいことだと思うんです

だから僕は太い芯の通った、強い部活を築いて欲しいなと思います

今の部活も仲は良いと思いますし、楽しい部活だと思いますが

ただどこかに脆さがあるんじゃないかなと思います

何というか、こんなこと言うと「臭い」とか「大げさ」だとか言われそうですが

僕自身目指していたのは、これから先何年もずっとずっと楽しい、良い部活です

20期生も30期生も楽しめる部活であって欲しいなって思うんです

周りが「良い演劇を、良い演劇を」と追求しすぎるあまり、「良い部活」を作ることをおろそかにして壊れてしまわないかと心配しながら二年間部長を務めてました



何度も言うように「演劇に熱い」ことはとてもいいことです

だけど、それと同じくらい「部活」にも熱くなってください

それが3年間部活にいて一番常々僕が思っていたことです


ほんのちょっと、演劇部が脆いような気がしたので


ほんのちょっと、「演劇」に集中しすぎて「部活」が脆いときがあったので


最後に一言だけ伝えさせてもらいました







僕なりに「良い演劇」の作り方を教えようかと思ったのですが

正直、僕には分かりません(笑)

「演劇」に関してですけど、3年間やってみて、この世界は少ししか理解出来ませんでした

それくらい、それはそれは奥が深い世界だと思います

脚本も書いたし、演出もやったし、役者もやったけど、何が正解かなんてちょっとしか分かりませんでした

だからこそ、後輩のみんなはこれからたくさん悩むことが多いかもしれませんが

悩めば悩むほど良い演劇が出来上がることは確かなので、そこは頑張ってください

僕自身もたくさん悩みましたが、自分が笑って欲しいところで笑ってくれたり、自分の怖い演技を怖がってくれたりするお客さんの反応が自信になったので

今僕はなんだかんだ演劇をやって良かったなと思っています

振り返ってみるとそう思える日が来るので、頑張ってください







では、僕なりの「良い部活」の作り方ですが、これは一番簡単な方法を教えます


後輩を可愛がる


以上です


とにかく後輩を大事にしてください

後輩は先輩の姿を見て、部活に入ることを選んでくれたんです

僕も新歓で先輩の演劇を見て入部しました

そんなせっかく入ってくれた後輩をとにかく大事にする

これが「良い部活」を作る一番いい方法です



「良い演劇を作る」という情熱で良い演劇は作れます

でも、もしかするとそれは一瞬の輝きかもしれません

「良い部活」であれば、ずっとずっと「良い演劇」を作ることが出来ると思うんです


だから後輩のみんなには

今いる後輩はもちろん、これから入ってきてくれるであろう後輩、そして、何年かあとの後輩のために

動いて欲しいなと思います


例えば、僕はパネルを作ったりだとか、照明卓を買い替えたりだとかしました(まあ照明卓は一番尽力したのは僕じゃないけど)

そんな感じで、これから先何年かあとにも通じるような行動をとってみてください

いまいる後輩も、これからずっと先の後輩も、楽しめるようないい部活にしてください

後輩を可愛がってほしい、これが僕からのメッセージです




あと、もう一つ付け足すのであれば

これは「演劇部の後輩へ」というより、全人類に僕が伝えたいことなんですけど


もしかしたら「これは僕が怒らないといけないな」って場面が来るかもしれないんですよ

態度が悪いだとか、そういうことで

反省会とかでこれは指摘しなきゃいけないなと思うこととかあるかもしれません


そんなときに、僕は怒らないでほしいんです

ちゃんと叱ってあげてください

この「怒る」と「叱る」を履き違えてるやつが世の中多すぎるんですよ



これは演劇部とか関係ないから

全人類に告ぐ!って感じなんですけど

同期でも後輩でも先輩でも、誰かに対して怒っちゃいけないんです

ちゃんと叱らないと、相手は変わりません


というのも、人って怒ってるときほど冷静じゃないときは無いと思うんですよ

そんな冷静じゃないときに興奮して説教しても、全く説得力が無いわけです


僕も22年生きてきて色々な人に怒られて、叱られましたが

「あ、この人は僕のために説教してくれているな」と思ったとき、つまり叱られたときは、自分の行動を振り返って、治そうと改めましたけど

「なんかこいつキレてんなー」みたいな、つまり怒られたあとって、どうにも反省する気にならないんですよね(いやでも、ちゃんと反省しましたよ)

みんな、これ感じたことあると思うんですよ

学校の先生とかに「なんかこいつに怒られてもな〜」みたいな

あれって、怒ってるから聞く気にならないんですよ

何回もいうけど、これは部活とか関係なく、社会に出ても覚えていて欲しいんですけど

誰かに何かを説教するときはきちんと「叱って」あげてください

どうすれば相手は考えを改め治してくれるか、ってよく考えてください

そういうときに「怒る」のは逆効果かもしれませんよ

これは僕の極論ですけど、人って「怒っている時間」ってめちゃくちゃ無駄だとすら思うんですよね

「怒る」と「叱る」は全く違うので履き違えないように

っていう話です






なんの話だっけ?


あ、そうそう、良い部活の作り方ですけど

お互い支え合って、これからもやっていってくださいね

「チームには一人厳しいことを言う人が必要」みたいなこという人がいますけど

僕はそんなこと思いません


今、自分が部活のために何が出来るか

今、他の部員のために何が出来るか


これを一生懸命、みんなが考えれば、きっと良い部活になります


まあ、そもそも週3回も部員って顔合わすわけですよ

下手したら家族の次に会ってる人かもしれません

だからこそ、ちょっとしたことで腹が立ったりすることもあると思うし

「なんか部活だるいなぁ」って思うこともあると思うんですけど

でも、やっぱり「部活」が出来るのって人生で今だけなんで

極論「演劇」は大人になっても出来るけど「部活」は今だけなんで

頑張ってください





和歌山大学演劇部

なかなかお金もないし、人も少ないし、機材もボロが来てるものが多いし

大変なことも多いけど

だけど「部活」だからこそ出来る体験って山ほどあると思います

恥ずかしい言葉で言うと、青春ってやつかな

どうか「良い演劇」と同時に「良い部活」を追求してください

後輩を可愛がってあげてください

向井からは以上です







先輩の皆様、後輩の皆様、演劇部の公演を見に来てくれた皆様

本当に本当にありがとうございました

遅くなりましたが、これをお別れの言葉とさせていただきます








あとね、最後にね

向井はこれからも物語を書き続けます

演劇部でも何度か自分の脚本で公演しましたが、それがある程度自信になったし

ずっと物語は書いていたいなぁと思います

「ああ、なんか向井君の書く文章素敵だわぁ、もっと読みたいわぁ」っていうあなた

僕、個人のブログやってるんで見に来てください


↓リンク

むかブロ!

最後やし何やってもええやろ


演劇もまたどこかで出来たらいいなと思います

なんだかんだ、また役者もやってみたいなぁ







よし、これで言い残したことないかな!

なんかあったら部活行けばいいし

あ、これからはクソ老害OBとして部活に行くので、僕が来たら「クソ老害来た」と思ってくださいね

和歌山大学演劇部の一ファンとして、これからも後輩に大きな期待をしたいと思います


現場からは以上で〜す

長いブログ、お付き合いいただきありがとうございました

バイバイ!













p.s.タイトルは回文です
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
気付いたら引退してた! 15:40

こんにちは!

お久しぶりすぎる!いつぶりかわかりません!

お久しぶりです。

もと副部長、三回生の岡田です。

 

最後だからブログ書いてねって言われたのも、昨日まですっかり忘れてしまっていました。あぶなーい。

反省会や、打ち上げなど新年部活が始まってから、もろもろやっておりましたが、そう!!!!!!

 

幹部交代が行われましたーーー!!!!

 

ワタシ、2年連続で副部長やったんですが、やっと副部長の任務からときはなたれたのです。

なんか、自分の中にあったものがなくなると、副部長って名前だけだけど、そわそわします!

 

そして同時に、先週金曜に行われた打ち上げを終えて、私たち14期は引退しました。

3年長かった!

今年は学校の方が大変であんまり来られなかったのだけど!

ナガイ、ナガカッター

 

いろんなことありましたけど、結局楽しかったです。まじで。うんうん。

やりたいこともできたし。

 

そんでそんでです!

新幹部も決定しておりますので!

学校のテストあけに随時紹介されると思いますので、お楽しみに!(?)

 

ではでは、またどこかでお会いできる機会ありましたら、そのときに!

さようなら〜

 

 

 

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
ついに明日…というか今日…! 00:38
おはようございます。せんです。

毎度ブログかくのが遅くてすみません…

タイトルでも言いましたが!
明日!というか日付が変わったので今日!!
本公演初日です!!!

いやぁもうあっという間すぎて…
はやいなぁ…

私は今回初の音響でして
不慣れな点が多く
色んな方にお手伝いしてもらいつつ
なんとか…と言った形です……
頑張ろう……


さて! 他の部員からも連絡はあったかと思いますが再度!
22日18時30分〜と

23日11時30分〜、15時30分〜
の3ステージ行います!

是非みなさんおこしください(`・ω・´)



話は全く変わりますが
今演劇部では
15期、16期を中心に
空前のお団子ブームが来ております。笑
私も明日ブームに乗っかろうかなぁ〜
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
愚公移山 23:04
こんばんは。
公演が近付くにつれ、緊張とともに楽しさが増しているいっちーです。

タイトルの「愚公移山」は故事成語なのですが、日本の絵本である『半日村』を思い出しました。
人間一人の力って、所詮知れたものだと思うんです。自分がどれだけすごいと自負していても、どれだけ気持ちが強くても、一人じゃ駄目だと思うんです。それを支えてくれる人たちがいるからこそ、さらに頑張れたり結果を出せたりするのではないでしょうか。
三回生の先輩方は今回の公演で実質引退のような形となってしまいますが、先輩方には本当にお世話になり、自分自身もとても成長できたと(勝手に)思っています。先輩方、本当に優しいんですよ。なんだかんだ言いながら、愛が溢れてるんですよ。そんな先輩方とも今回の公演でお別れかと思うと少し寂しい気もしますが、こればっかりはどうしようもないですね。

さて、私情をとても含んだ前置きはともかく活動報告に移りたいと思います。
先週の土曜日から照明も本格的に指導し始め、再確認を重ねて最終調整に入っています。
その他音響や演出、役者も練習に余念がない様子で活動していました。
それ以外の役職の部員はそれを支えたり、代役を務めたりしてくれているのでとても助かっています。

公演初日まであと3日、悔いのないものにできるように最後まで努力を続けていきます。

以上、活動報告でした。
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
プログラミングにようやく体が慣れてきました 12:22

本日もこたつの中からこんにちは、もってぃーです。

 

一週間ぐらい前だったと思います、大学内で蝸牛に遭遇しました。8年ぶりぐらいの再会です。感動ものですね。

幼稚園生や小学生の時には蛞蝓と一緒によく目撃していましたが、最近はめっきり見かけなくなったような気がします。時の流れというやつでしょうか・・・。

 

 

 

さて、今日は12月15日。

公演の一週間前に入りました!

各役職の人たちも作業や練習にますます熱が入っているように感じます。本番への待ち遠しさ(40%)と緊張感(60%)にある今日この頃ですが、全力でラストスパートを駆けていきたいと思います。

 

それでは、この辺で失礼します。

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
心堅石穿 23:16
こんばんは。
本公演では照明担当のいっちーです。

本日の活動報告を行いたいと思います。
本日は大集会室を使用して部活を行いました。
残念なことに諸用や体調不良で参加できない部員も居ましたが、先輩が通し稽古を見学にいらっしゃいました。
舞台作りの段階で、ここにきて問題が発生したために舞台図を考え直さなければならないことが発覚する、というハプニングはありましたが何とか通し稽古を行うことができました。

公演まで3週間を切り、部内は皆集中モードに入ったように思われます。
この良い雰囲気を崩さぬよう、一同全身全霊を打ち込むほどの意気込みで精進して参ります。

以上、本日の活動報告でした。
| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
2017年あと29日 18:35
おはようございます。
お久しぶりです。せんです。

ブログ遅くなってすみません……

さてさて、活動報告ですが
みんな本公演に向けて
各々の作業に取り組む真っ最中です!

いやぁもう12月ですよ。年が明けてしまう…年々早くなってる気がする……

12月に入ったということは!
もう公演まで1ヶ月切りました!
各役職、さらに気合が入っております!!

本公演に来ていただく方はもちろん
関わっていただいた全ての方にとって
良い公演になるよう頑張っていきます!!

| 部員の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
| 1/39 | >>