和大演劇部ブログ
和歌山大学演劇部メンバーによるブログ。
公演の最新情報や、部員の日常など。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
演出より 10:16
あけましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今回演出を務めさせていただきました田浦です。

まずは、今回の公演にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。アンケートも読ませていただきました。近年で一番の作品と言ってくださる方がいたり、もっといろんな人に見てもらった方がいいと言ってくださったり、感無量です。また、暗転が長いや単調と言ったご意見もしっかり受け止めたいと思います。アンケートにご協力いただき誠にありがとうございました。



さて、今回の演出についての話ですが、このブログを書こうとなった時、なかなか文章がまとまりませんでした、今も正直まとまっている気がしません。

今回の公演のテーマや、衣装や照明の色の意味、フライヤーの謎など…
話したいことがたくさんあって迷いました。

ただ、一番書きたいことは、今回の演出をするにあたって意識したことでしたのでそれを少し書かせていただきたいと思います。

私は、今回演出をするにあたって「お客様も私たちも楽しめる舞台に」と言うことを常に意識してました。

と言いますのも、私の中に、作る側の私たちが楽しめなければお客様に楽しさを伝えることは出来ないという考えがあるからです。

そして、作る側一人一人が楽しみながら、真剣に考えて、みんなの意見をもらって私のイメージも変わっていって、より良い舞台を作っていきたいという思いがありました。

なので、今回私はこのことを常に意識していました。

そして、その思いはみんなが叶えてくれました。

みんながより良い舞台を作りたいと思って、恐れることなく意見を出し、一緒に考えてくれたからこそ、今回の舞台は出来上がりました。



私自身も演出が初で、今までの経験や教えてもらったことを見よう見まねでしていたので、正直戸惑った人の方が多いと思うけれど、それでも最後までついてきてくれて本当にありがとう。

みんながいなかったら今回の舞台はきっと違ったもの、違った結果になっていたと思います。

それに、今回の舞台の完成のために色々な人に無理をしてもらいました。特に三本柱の二人と会計さんにはなかなか無理をしてもらいました。本当にお世話かけました、ありがとう。



疲れが溜まってだいぶしんどいにも関わらずそれでも最後まで頑張ってくれたかっきー、
立て看板で納得がいかなくて色々要求したにも関わらずちゃんとそれに応えてくれ、完成させてくれたみさみさ、
音を探すのにも積極的に音探しが難しいものでも少しでも選択肢を多くしようとしてくれたり、迷っている時に毎回後押しし続けてくれたちはるん、
衣装の変更や生地に対しても柔軟に対応してくれ、照明が多くて操作が難しくなっても何も言わずにオペをしてくださったせん先輩、
初めてのことだらけで色々大変そうだったし、個人的にも忙しそうだったけど自分なりに頑張ってくれたリョウちゃん、
色々要求してだいぶ苦悩したり、台詞が多くて大変だったけれど最後までやりきってくださったいっちー先輩、
役者と舞台監督補佐をしたり、なかなか難しそうなワークショップでも食らいついて、予想してなかった動きで演じきってくれたもってぃー、
一番困惑しててもちゃんと意見を出してくれて、なんとかついてきてくれようとしてくれ、新たな発見や知識をくれたびっきー。

本当にみんなには感謝で一杯です。舞台を作り上げてくれてありがとう。

……こうして書くと要求してばっかりですね、ごめんなさい笑。


でも、今回演出をすることが出来て本当に良かったし、とても楽しかったです。もちろん楽しいことばかりに目を向けてはいけないし、今回の課題もあるので反省会での意見もしっかり受け止めたいと思います。

まだ書きたいことも色々ありますが、なんか最終的に感謝の言葉しか出てこなくなってきたのでこのへんで。

改めまして、今回の舞台を応援してくださった方々、観にきて下さった方々誠にありがとうございました!



それでは、次のブログは誰でしょうね?
お楽しみに。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 和歌山大学演劇部 - -
スポンサーサイト 10:16
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://waen0427.jugem.jp/trackback/624
<< NEW | TOP | OLD>>